大好きな洋画が100%聞き取れるベラベラ英語マスター

今日から皆さんにおまじないをかけますよ。ふだんの1.5倍の集中力が出せるようになる~。すると、リラックスできて脳波がアルファ波シータ波状態になっています。その状態でセリフに集中。いつもと違う感覚を感じてください。\(^○^)/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリン社長とサントリー社長

こんにちは、おげんきですか。

今日は18度まで気温が上がり、暖かい一日でした。
でも夜は雨になるそうです。

。:’* + ☆°・

。:’* + ☆°・
。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆

さて、今日の課題は「キリンとサントリー、経営統合交渉が決裂」です。

■まずこのタイトルを英訳してみましょう。

==================================
THINKING TIME
==================================
THINKING TIME
==================================

【英訳つぶやき】
Kirin and Suntory called off merger talks.


上のつぶやきは、『ファイナンシャルタイムズ』のTwitterに出ていたものです。
「経営統合交渉」は、merger talks
「決裂」は、call off (計画などを中止する、約束などを取り消す、手を引く)となっています。

『ファイナンシャルタイムズ』はイギリスの高級経済紙で
世界的にも権威のある新聞とされています。

『ファイナンシャルタイムズ』のTwitterをフォローされる方はこちらへ⇒
https://twitter.com/FT

┌───┐         t
/\ へ / ̄V   ロロ | /\ / ̄\ 
|田   L旧   ロロ └ | 日 | | 田 |  
∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨

それでは、長い文章を英訳してみましょう。

【日本語つぶやき】
合意すれば国内のビール市場シェアで約5割を占め、
年間売上高約3兆8000億円に達する世界有数のメーカーが誕生するはずだった。

==================================
THINKING TIME
==================================
THINKING TIME
==================================
THINKING TIME
==================================
THINKING TIME
==================================

。:’* + ☆°・

。:’* + ☆°・
。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆


■■それでは【英訳つぶやき】です。

If they had come to an agreement,
they would have been one of the most distinguished manufacturers of the world
that would have grabbed control of about 50% of the domestic beer market
and reached annual sales of some 3.8 trillion yen.


◆【語い解説】

合意に達する come to an agreement
世界有数の one of the most distinguished … of the world
メーカー manufacturer
…の市場シャアで約5割を占める grab control of about 50% of … market
国内の domestic
達する reach
年間売上高 annual sales
3兆8000億円 3.8 trillion yen


◆◆【訳し方の解説】

もし合意に達していたら、という仮定の話ですから、仮定法を使用する場面です。
《現在の事実と反対のことを仮定して述べる》場合は、《仮定法過去》と言い、過去形を用います。
《過去の事実と反対のことを仮定して述べる》場合は、《仮定法過去完了》と言い、過去完了形を用います。

今回の課題は、過去の事実の場合ですから、過去完了形を用います。


。:’* + ☆°・

。:’* + ☆°・
。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆


■【とどめの一言】

キリンとサントリーの統合交渉が決裂した原因は、「統合比率」だと言われています。
キリンは1:0.5を、サントリーは1:1もしくは1:0.8を望んで、合意に至らなかったようです。
パブリックカンパニーとオーナーカンパニーですから難しいところです。

この「統合比率」は英語でなんと言うのでしょう?

■■ merger ratio
と言うようです。


【編集後記兼よもやまばなし】
どのメディアも「キリンとサントリー」という表現を使っています。
「サントリーとキリン」ではありません。

イギリスの新聞FTもうそうでした。

やはり客観的に、パブリックカンパニーであるキリンの方が規模が大きいということでしょうか。

今後も両社は経営統合を目指すそうですが、海外のメーカーとの統合を模索する方向に進むかもしれません。


FTのTwitterから引用します。
Japan’s Kirin and Suntory say they will both continue looking for merger ..

今回はこのへんで。

また次回をお楽しみに。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eirakucinema.blog10.fc2.com/tb.php/38-cada5cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

フリーエリア




FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2アフィリエイト

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


爽快!読書空間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。