大好きな洋画が100%聞き取れるベラベラ英語マスター

今日から皆さんにおまじないをかけますよ。ふだんの1.5倍の集中力が出せるようになる~。すると、リラックスできて脳波がアルファ波シータ波状態になっています。その状態でセリフに集中。いつもと違う感覚を感じてください。\(^○^)/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳にいい勉強法

脳にいい勉強法脳にいい勉強法
1575円(税込)
商品副データ聴くだけで脳が活性化する次世代サブリミナル音源CD苫米地英人アスコムこの著者の新着メールを登録する発行年月:2009年06月登録情報サイズ:単行本ページ数:188pISBN:9784776205517付属資料:CD1あなたの脳をフル活用する大特集ドクター苫米地、初の勉強本! 世界が注目する機能「脳」科学の権威が、最新の研究成果に基づく脳にいい正しい勉強法を初公開!【目次】はじめに 「頑張らないで」目標に到達する究極の勉強法 1付属のCDについて 6第1章 【勉強法常識は間違いだらけ】誰でも最小の努力で最大の効果を上げるには頭がいいとはどういうことか、本当は誰もわかっていない「知識」があるために認識できないことが増えてしまう!正しいと思っていたことをすべて疑え知らないと認識できない「ジレンマ」を解決するには日本の学校教育は、ナチスの論理と変わらない頭をよくするための四つの能力とは第2章 【賢い人になるための第一歩「認識力」】知らなかった世界が見えてくる“すごい”能力開発認識できなければ何も始まらないスコトーマを減らす?知識を増やすスコトーマを減らす?因果を逆に考えるスコトーマを減らす?視点を変える視点を変えれば、見えなかった真実が見えてくるスコトーマを減らす?過去を変えるダイナミックに動かせば、スコトーマの罠から抜け出せる問題を認識できるだけでは、頭がいいとは言えない第3章 【できるヤツになる「理解力」向上訓練】脳をどう鍛えれば頭がいい人になれるか理解力をアップさせる抽象化とゲシュタルトのテクニックカオスの中にいては法則を見出すことはできない理解力を強化する、脳の「筋肉トレーニング」脳力を高めてくれる、ゲーム機のとっておき活用術ゲシュタルト作りの訓練にもなる、株・FXで儲ける方法第4章 【頭のいい人の「応用力」開発のコツ】価値を飛躍的に高める力を身につける法日本では、応用力が全く活かされていないひらめき能力を開発するには、まず環境整備から脳をリラックスさせられれば、高確率でひらめきが起こるドーパミンを自在にコントロールできる裏ワザがある第5章 【「記憶力」100倍アップの勉強術】脳の仕組みがわかれば記憶は定着する記憶力をアップさせるには、高次元脳の介入が欠かせない無理やりにでも重要性を高めれば記憶力は上げられる「間違えたものを覚える」脳の仕組みをフル活用する記憶を引っ張りだすには、セットで覚えるのがカギ第6章 【実践! モチベーション・アップ術】目的に向かって突き進む自動システム構築法あなたのモチベーションは、なぜ上がらないのかやりたいことに変えてやれば、モチベーションは必ず上がるサーモスタット方式なら、体が勝手に動くようになる誰も言わなかったモチベーションアップのポイント目標を達成できたら、コンフォートゾーンを広くしたほうがいい理由第7章 【幸福な子どもをつくる子育て】子どもが望んでいるものを手に入れる教育法とは教科書をもらったら、すぐに全部読んでしまえ子どもの幸せを願うなら、これだけはやってはいけない自分のやりたいことができる子どもに育てるには第8章 【英語学習の壁を突破する】ネイティブ並みの英語を話せる英語脳のススメ日本の学校教育では、変な英語をしゃべる人しか生み出せない英語を学ぶなら、日本語は邪魔である英語の学習時間を劇的に短縮する秘策がある第9章 【誰でもすぐできる、脳を生かす勉強法Q&A】脳が冴える9つの生活と習慣・どんな勉強も億劫にならずにやり遂げるノウハウとは・話が複雑になると、脳が混乱して理解できない人は・年齢のせいで、集中力が続かなくなったら・勉強するための時間が、どうしてもとれない人は・脳にも体にもいい生活習慣の基本とは・脳の老化防止に有効なものとは・整理整頓でボケを予防することはできるか・どうしても眠れない人が、ぐっすり眠りにつくには・頭の回転を加速する脳のデュアルCPU化とは【著者紹介】苫米地英人(とまべち・ひでと)1959年東京都生まれ。脳機能学者・計算言語学者・認知心理学者。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)。実業家としてドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボCEO、角川春樹事務所顧問、カーネギーメロン大学コンサルタント、CyLab兼任フェローなどを務めるほか、中国南開大学客座教授、全日本気功師会名誉会長、米国公益法人The Better World Foundation日本代表(一般財団法人BWFジャパン代表理事、兼任)でもある。【内容情報】(「BOOK」データベースより)「がんばる」のを止めると、IQが上がる。効率が上がる。「がんばらないで」目標達成できる脳を最大限に生かす勉強法。機能「脳」科学の最新成果から生まれた方法を徹底解説。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 勉強法常識は間違いだらけ─誰でも最小の努力で最大の効果を上げるには/第2章 賢い人になるための第一歩「認識力」─知らなかった世界が見えてくる“すごい”能力開発/第3章 できるヤツになる「理解力」向上訓練─脳をどう鍛えれば頭がいい人になれるか/第4章 頭のいい人の「応用力」開発のコツ─価値を飛躍的に高める力を身につける法/第5章 「記憶力」100倍アップの勉強術─脳の仕組みがわかれば記憶は定着する/第6章 実践!モチベーション・アップ術─目的に向かって突き進む自動システム構築法/第7章 幸福な子どもをつくる子育て─子どもが望んでいるものを手に入れる教育法とは/第8章 英語学習の壁を突破する─ネイティブ並みの英語を話せる英語脳のススメ/第9章 誰でもすぐできる、脳を活かす勉強法Q&A─脳が冴える9つの生活と習慣【著者情報】(「BOOK」データベースより)苫米地英人(トマベチヒデト)1959年東京都生まれ。脳機能学者・計算言語学者・認知心理学者。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)。実業家としてドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボCEO、角川春樹事務所顧問、カーネギーメロン大学コンサルタント、CyLab兼任フェローなどを務めるほか、中国南開大学客座教授、全日本気功師会名誉会長、米国公益法人The Better World Foundation日本代表(一般財団法人BWFジャパン代表理事、兼任)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > 美容・暮らし・健康・料理> 生き方・リラクゼーション> 生き方
さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eirakucinema.blog10.fc2.com/tb.php/92-0dbba96c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

フリーエリア




FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2アフィリエイト

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


爽快!読書空間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。